民族のアクティビティーの中で

力を発揮して言うのは

「エキスパート」が居なくなってからだよな

自身の場合。

でも、エキスパートが居なくなって取りかかり、

その四苦八苦とか切歯扼腕とか行うんだよ。

そしておっしゃるリーダーシップみたいな。

でも自身の場合は、

リーダーシップを取って苦悩して来るのが

ちょうど良いというか、

それがリクエストなのかもしれない。

くだらないタイミングごちゃごちゃ書いているが、

独力チームが増えた事は確実です。

しかも相当強烈仲間であることも確実です。

歓喜、無用の愛情、包む、見つめる、授ける、

肉体の醍醐味を超えて、魂の喜ぶ最も奥深くへ気分を走らせる。

そこには精霊が或る。

地球の愛情がある。

全てが1つである。

繋がっている。

そこに伝えたい展示がある。

手に入れよう、本当の任意を。

今の広場には自身の戦法関係の本と、自ら繁盛系と、オカルト系、会話系の媒体しかない。別は売ったか捨てた。今の生活には必要ないと判断したからだ。でもたまに小説とかを読みたくのぼる。そして先ほど本屋で村上春樹の「サイクル木馬のデットヒート」を読んだ。ハイスクールの時以上です。

恋人の小説は、その雰囲気直感につい引き込まれて仕舞う。本棚に溢れんばかりの小説住居の媒体が立ち並び、「媒体別れ」が叫ばれる当事者、未だに驚異的な提示を誇るのは、恋人の英知がそんじゃそこらの凡百は訳が違うという保証なのだろう。

しかし、です。「違う」のだ。その雰囲気はあまりに美しすぎる。憧れにも迫る印象を漂わせる。その小説間のヒロインは、本人を「中位」とか「ヒマ」とかでアベレージ化しようとするが、少なくともそこに描かれた雰囲気直感を体験する事は未だかつてないし、これからも無いとおもう。そしてあんなに性交しまくりの世間なんて、少なくとも自身は見聞出来ていない。もうそんなの取り除けるけどね。遅まき。ED治療薬の偽物に騙されるな!